現状理解

(原則)
日本は法治国家ではない。
韓国や中国で前近代的な裁判が行われるたびに、一部の保守系ジャーナリストや言論人が
「中国や韓国は日本と違って法治国家ではありません」
というような発言をする。
しかし、中国や韓国だけでなく、日本も法治国家ではないということを理解しなければならない。
日本は一見、法治国家のように見えるが、現実の裁判では司法が独立していないと思われる判決や事例がたくさんある。
要するに、日本は「偽装法治国家」であり三権分立が成立していない。
この事実を受け入れなければ、どんな政治家を選ぼうがどんな法律を作ろうが意味がない。