反グローバリゼーションとポピュリズム「トランプ化」する世界

著者 神保哲生(じんぼうてつお)/宮台真司(みやだいしんじ)
発行 2017年(平成29年)5月20日

本書で対談する論客

渡辺靖(わたなべやすし)
佐藤伸行(さとうのぶゆき)
西山隆行(にしやまたかゆき)
木村草太(きむらそうた)
春名幹男(はるなみきお)
石川敬史(いしかわたかふみ)

人物

■ローレンス・オドネル
キャスター兼ジャーナリスト。
ダコタ・アクセス・パイプライン問題について発言。

■エリザベス・ウォーレン
米国発の女性大統領に相応しいと期待される。

本書よりの引用文献

■マルチチュード (アントニオ・ネグリ/マイケル・ハート)
「グローバル化は元に戻せないが、グローバル化の成果を利用することで、グローバル化n簒奪に抵抗できる」(P.263)

■アメリカ自由主義の伝統 (ルイス・ハーツ)
■民主政の不満 (マイケル・サンデル)
■アメリカ未完のプロジェクト (リチャード・ローティ)
■神々の沈黙 (ジュリアン・ジェインズ)