ホーム

※注意
このサイトは、予告なく変更・引っ越しすることがあります。
また、強制退去させられることがあるかもしれません。

ほとんどの日本人はテレビや新聞からしか情報を得ないため、偏向、捏造、歪曲された情報を元に判断を下すことになります。

しかし、いつまでもそのような状態では、日本は滅びてしまいます。
というか、もう既に死んでいます。
どこかの誰かに「日本、死ね!」などと言われなくても、もうとっくの昔に死んでいたのです。

しかし、今のままでは、どこかの国の都知事ではありませんが、死んでも死に切れません。

だから、最後の悪あがきをしています。
もしかしたら、日本を再びよみがえらせることができるかもしれません。

日本復活にご賛同いただける方は、是非、個人個人でできることをやっていただきたく思います。

まずは、日ごろ何気なく受け入れているマスコミ、特にテレビ報道に疑いの目を向けることから始めて下さい。

既存の政治家に期待するな

既存の政治家のほとんどは、使い物になりません。
ごく僅かいるであろう日本の平和と安全、発展に貢献しようとしている政治家を徹底的に応援したいと思います。

反日マスメディア

・朝日新聞
・NHK
・TBS
・テレビ朝日
・沖縄タイムス
・琉球新報

他にも、反日の地方紙やタブロイド紙がありますが、この6は反日マスコミ六大勢力として丸暗記してください。
とにかく、六大勢力の記事や放送を読んだり見たりするときは、常に嘘が混じっているという態度で当たらないと、あっという間に反日プロパガンダに洗脳されてしまいます。

真実を報道しないような報道機関は、それはもはや報道機関ではなくて、特定勢力の宣伝機関です。
時々、「NHKは、けっこういい番組もあるけど」という人がいますが、いい番組があればいいというものではありません。
捏造・偏向報道があれば、他にどんなにいい番組を作っていたとしても、その放送局はアウトです。
老舗の旅館だって、たった一人の食中毒患者を出しただけで営業停止に追い込まれます。

反日言論人

古今東西、反日的言論活動を行っている人の言論内容を理解して、いかに彼らが日本を貶めてきたかを知る必要があります。
なお、「死者に鞭打つな」と言われますが、日本を破壊して死んでしまった人についても、その悪行を徹底的に暴かねばなりません。

本多勝一
筑紫哲也
吉田康彦 (元埼玉大学教授)

反日政党

日本共産党
民進党 (台湾の民進党ではなく日本の旧民主党のこと)
自由民主党
※「なぜ、自民党が?」と思う方は、彼らがやってきた政策をよく考えてください。
長年、政権政党として君臨してきた自民党は、実際に売国政策をやって来たという点において、日本共産党よりも反日です。

反日国家

中国共産党 (中華人民共和国)
北朝鮮 (朝鮮民主主義人民共和国)
韓国

その他の反日団体

厚生労働省

※ここに挙げられた団体は、一日も早く「反日」の汚名を返上できるように頑張ってください。

※記事の詳細は参考文献をご覧ください。